プロゴルフショップのロゴ

パットを楽しみ尽くす。
日本製の高品質パターマット。パットを楽しみ、味わい、そして極めてください。

パターマット工房PROゴルフショップ・オンラインショップへ
|オンラインショップメニュー
SUPER-BENTパターマット のカテゴリ
EXPERTパターマットのカテゴリ
BENT-TOUCHパターマットのカテゴリ

パター部屋特注製作
パット練習用具
パット練習システムEのカテゴリ
パット練習システムBのカテゴリ
限定品&アウトレット
パット練習・まっすぐぱっと。

円形ターゲットカップ
パターマット工房よくある質問




Golf Smileに掲載


Waggleに掲載


Waggleに掲載





「距離感マスターカップの効果的な利用法が分かりました」


0
    15cm×3m COMBOパターマット

    東京都のK様より、ご使用レポートが届きました。
    (2011年5月、15cm×3m COMBOパターマットをご購入)

    『ベントと高速グリーンのコンポを購入しました。
    マスターカップのおかげで、カップの意識をアバウトに持ちながら、距離感というかボールとパターの当たる強さや振り幅を体に覚えさせる練習ができるようになりました。

    高速グリーンは、かなり速いので、3mの距離は、ちょっとのストロークでオーバーしてしまいますので、体幹で打つことや、小さい振り幅で芯で捉えるトレーニングになるかなと。

    ベントは、一般的なグリーンの速さっぽいので、いつも通りの感覚に戻す練習に使えるのかなと。

    後悔ポイントは、5mにしとけばよかったのと、30cm幅の方が、床の傾斜にいろいろ対応できるからよかったなと思いました。
    次は、30cm幅の5mを買おうと思います。

    理由は、もっと長い距離で打ちたいことと、
    下記に記す、マスターカップの効果的な利用法が分かったからです。



    オススメの使い方は、
    15cmのマスターカップの幅を、30cmマットの端に対角線上に置くと、左右に移動して打つ時に、マットの幅(距離を)広く使うことができますよね。
    (写真は高速に2枚載せてますが)
    一枚は、ベント、もう一枚は高速に置いて、一度に両方を味わうこともできるし、マットを長く使えると言うことです。
    そういう意味でも、30cm幅が、マスターカップとの相性も良いしオススメの使い方だと思いました。』

    ------------
    (工房より)高速グリーンの狙い、サイズに対するご考察、ありがとうございます。これから選ばれるお客様の参考になりそうです。可能であれば大きなサイズを、そしてご自宅のスペースに合わせて幅、長さのフィッティングを楽しんでいただければと思っています。

    パット練習・パター練習/パターマット工房PROゴルフショップ