プロゴルフショップのロゴ

パットを楽しみ尽くす。
日本製の高品質パターマット。パットを楽しみ、味わい、そして極めてください。

パターマット工房PROゴルフショップ・オンラインショップへ
|オンラインショップメニュー
SUPER-BENTパターマット のカテゴリ
EXPERTパターマットのカテゴリ
BENT-TOUCHパターマットのカテゴリ

パター部屋特注製作
パット練習用具
パット練習システムEのカテゴリ
パット練習システムBのカテゴリ
限定品&アウトレット
パット練習・まっすぐぱっと。

円形ターゲットカップ
パターマット工房よくある質問




Golf Smileに掲載


Waggleに掲載


Waggleに掲載





パターマット素材品質の詳細レポートが届きました


0
    詳細レポート

    京都府のK様より、ご使用レポートが届きました。
    (2011年5月、特注オーダーにてEXPERT45cm*390cm(2枚)をご購入)

    -------------------

    (K様より)

    『私は、ゴルフを始めたばかりの初心者で、パターマットを使用してゴルフの練習したことがほとんどありませんので(温泉にあったりするもの程度)、パターマットとしての比較評価はできません。
    ですので、製品そのものの感想を述べます。
     
    まず、私は45cm幅のマットを横に並べて使用しています。これは、自室に常に敷きっぱなしにしておいて、家族が休日にでかけているときは廊下で縦に繋げてロングパットの練習をするためです。

    マットの間に切れ目があるので、それがボールの転がりに影響しないか心配でしたが、実際にマットを並べてボールを転がしてみると、とくに影響はないようです。
     
    手の平でマットの境目をこすってみても、段差などは感じられません。
     
    まだ縦に並べて使用していませんが、この様子なら縦に並べても十分使用できるレベルだと思います。
     
    このパターマットの特徴として、裏面がまるで吸盤のように床面に吸着し、ずれなくなるという性質があります。そのため、一度ぴったりと会わせて敷いてしまえば、上を歩く程度では、まったくずれません。これは、私のように2枚を並べて使おうとする人には重要な特徴だと思います。マットがずれて敷きなおしになるな どの手間がないのでいいですね。
     
    反面、マットが滑らないために隙間なく並べるには手間がかかります。縦に並べて使用する機会は減ってしまうでしょうね、3m程度のパットの成功率が9割以上になるまでは、このままで練習することになると思います。
     
    私は、購入の前段階で、お店の方に、敷きっぱなしにした場合の耐久性や、感触を問合せていたのですが、その際、ベントに比べエキスパートの方が、表面の密度が高く、踏みしめられても傷みにくいだろうということでしたので、エキスパートを購入しました。
     
    届いた商品を見ると、レビューのためにベントのマットの切れ端が一緒に梱包されていました。(ありがたく頂戴します)
      →工房注:サンプルが必要な方は商品注文時にご用命いただきましたら、異なる素材の生地を同梱します
     
    パターマット口コミ06

    まず、両者の感触の違いですが、ベントは輪状の繊維となっているので、カーペットのようです。(ふかふかではなく、硬い感じの、公共施設の待合室などにありそうな感じ)
     
    エキスパートは、若干ちくちくする感じがしますが、裸足で歩いても問題ないですね。
    ビリヤード台の表面や、麻雀台の表面が近い感触です。
     
    断面をみると、エキスパートの方が、クッションの部分が分厚く、製品全体の厚みも厚くなっているようです。
    ふんでみた感触も、エキスパートの方が柔らかいですね。
     
    パターマット口コミ05

    また、裏面の状態も異なり、エキスパートはのっぺらぼうですが、ベントにはワッフル状に模様があります。
    この違いなのかは分かりませんが、ベントのほうが床に置いたときに滑りやすいようです。
    サンプルが切れ端なので、断言はできませんが、私の現状の2本並べて使うという使用方法では、ベントでは使っている内に隙間ができたりしそうです。(でも直すのも簡単そう)
     
    防音性にも違いがあります。
    ボールを転がしたときは、どちらのマットも音はでません。
    しかし、5cmの高さからボールを落としたときはエキスパートのほうが静かです。
    これはクッションの厚みのためだと思います。
     
    しかし、ボールを転がす程度ではどちらも問題なく、エキスパートのほうが、より防音に優れているという程度で、防音を理由にエキスパートを選ぶほどではないと思います。
     
    パターマット口コミ02

    さて、ここからは、私の使用状態のレポートです。
    写真のように部屋1辺を敷き詰めるように敷いています。
    端に隙間が開いているのは、ドアのストッパーがあるためです。
     
    練習時は部屋の角の2つにカップを置いて練習します。
    この際、方向性を鍛えるために、タスキ掛けとなるようにマット全体の対角にボールを打っています。
    このとき、ミスショットで壁にボールがあたってしまうと、せっかくマットを引いて防音している意味がありません。
    そこで、今回400cmのマットを390cmにカットしてもらったときの端切れを使っています。
    100mm超の幅のものから、35mm幅のものを1枚切り出し、会わせて角に設置します。
    ドアストッパーのためにできた隙間を埋め、かつ壁面保護もでき丁度良いサイズでした。
     
    パターマット口コミ03

    ドア側は、ドアが開閉できるようにドアにマスキングテープで貼り付けています。
    マットはとても柔らかいので、ドアを開いたときに曲がってくれるので、問題なくドアが開閉できます。
    (見た目は悪いですが、両面テープでは、粘着物がドアに残ってドアを傷める可能性があるので、マスキングテープがベターですね)
     
    両角を端切れを使ってカバーしているので、少々ミスショットをしても音がでる心配がありません。
     
    部屋が広い場合は市販のクッションなどをおけばいいでしょうが、私のように部屋の端から端まで使いたいといった人は、少し長めの在庫品をカットしてもらい端切れを使ってカバーをつくるといいんじゃないでしょうか?
     
    ちなみに、マットのカットは市販のハサミで簡単にきれました。(エキスパートのみ。ベントは未加工のため不明)
    裏面にサインペンで下書きをしてからハサミを使えば、カバー程度の用途なら十分な断面で切断できます。
    逆に、つなぎめを合わせて、パターの練習をするには、すこしデコボコが気になるかもしれません。
     
    カップは1枚でももちろん練習できますが、2枚あったほうが、ボールを拾いに行く手間が省けて良いと思います。
     
    パターマット口コミ07

    ちなみに、私は、部屋の掃除をお掃除ロボットのルンバで行っていますが、マットの段差は何も問題なく乗り越えます。マットがずれることもないです。
    軽く、マット上を掃除してもらって、取れたゴミをみると、マットの繊維が入っていました。まだ使い始めなので、少々浮いた繊維があるのだとは思います。
    今後状況がかわらず、ルンバがマットを毟っていたら困るなぁ・・・
     
    以上が私のレポートとなります。
     
    購入を迷っている方の助けになれば幸いです。』

    ------------
    (工房より)詳細なレポートをありがとうございました。当サイトで十分にご説明できなかった製品の状態や使い勝手まで、懇切丁寧なレポートをしていただき、ありがとうございます。これから購入を検討される方にも、ご参考になるのではと思っております。ゴルフを始めたばかりとのこと、これからの上達が楽しい時期ですね。当工房の製品がお役に立てれば、たいへん嬉しいです。

    パット練習・パター練習/パターマット工房PROゴルフショップ