プロゴルフショップのロゴ

パットを楽しみ尽くす。
日本製の高品質パターマット。パットを楽しみ、味わい、そして極めてください。

パターマット工房PROゴルフショップ・オンラインショップへ
|オンラインショップメニュー
SUPER-BENTパターマット のカテゴリ
トーナメントSBのカテゴリ
EXPERTパターマットのカテゴリ
BENT-TOUCHパターマットのカテゴリ

パター部屋特注製作
パット練習用具
パット練習システムEのカテゴリ
パット練習システムBのカテゴリ
限定品&アウトレット
パット練習・まっすぐぱっと。

円形ターゲットカップ
パターマット工房よくある質問




Golf Smileに掲載


Waggleに掲載


Waggleに掲載





練習法とパターマットの長さ


0
    ベントタッチパターマット

    これまでにお客様から寄せられたご質問へのお答えを、掲載して行きたいと思います。

    まずは、『パターマットはどのサイズを選ぶのがお勧めですか?』というご質問です。

    (工房からのアドバイス)
    マットの長さですが、極論をすれば、広く、長いほど良いということになります。でも、それではお答えになりませんので、練習法とサイズの関係について述べさせていただきます。

    パターの距離感について、さまざまなノウハウがあると思いますが、大きく分けると、二つあると思います。
    一つは、「ゴミ箱にゴミを投げ入れるように、人間の自然と身に付いた感覚を重視する」というものです。パター練習の前に、ゴルフボールをアンダースローで投げて感覚を呼び覚ますという練習法もあります。
    もう一つは、アドレスの時の足先などを目印にバックストロークの振り幅を加減し、例えば「このぐらいのバックストロークで打つと歩測5歩分の距離」といった自分なりの目安を決めるやり方です。
    実際には、その両方の感覚をミックスし、立体的に距離感を把握されていると思います。
    そして、距離感覚の養成は、やはり繰り返しパットを打つことです。
    工房スタッフの場合は、振り幅を目安に把握できる「歩測5歩分」は、2m80cm程度となります。それ以内は、自分の感覚のみで打つ距離です。
    その距離を一つの目安にした上で、50cm、1m、1.5m、2m、2.5mといったさまざまな距離設定で練習を行います。そのためには、最低3m、距離感マスターカップのサイズを差し引くと、できれば3.6〜4mの長さがほしいところです。
    また、幅が狭いと、マットのシルエットがガイドラインとなり、幅広(45cm、90cm)になるほど、方向性は難しくなります。
    参考までに、スタッフが自宅で使っているのは、90cm×5mと、45cm×4mの2種類です。
    以上、ご参考になりましたら、幸いです。

    パター練習/パターマット工房PROゴルフショップ/ゴルフ練習用具