プロゴルフショップのロゴ

パットを楽しみ尽くす。
日本製の高品質パターマット。パットを楽しみ、味わい、そして極めてください。

パターマット工房PROゴルフショップ・オンラインショップへ
|オンラインショップメニュー
SUPER-BENTパターマット のカテゴリ
EXPERTパターマットのカテゴリ
BENT-TOUCHパターマットのカテゴリ

パター部屋特注製作
パット練習用具
パット練習システムEのカテゴリ
パット練習システムBのカテゴリ
限定品&アウトレット
パット練習・まっすぐぱっと。

円形ターゲットカップ
パターマット工房よくある質問




Golf Smileに掲載


Waggleに掲載


Waggleに掲載





『ゴルフの臨場感を味わいながら、実戦でも通用する練習を続けていけると喜んでいます』


0
    ベントグリーン

    大阪府のT様より、パターマットのご感想レポートが届きました。

    『商品が到着して、早速自宅マンションの廊下に敷きました。
    BENT-TOUCHの幅90cmと30cmの、それぞれ長さ5メートルで、ぴったりと敷きつめましたが、見た感じは予想よりもいいものでした。

    今までは、幅90cm、長さ3メートルのパターマットを使用していました。
    表面にゴルフらしい絵とラインが入ったものでしたが、連日少しの時間でも練習を欠かしたことは無かったのですが、一向に練習成果が現れませんでした。
    ラインがあることで、目標を定めて振ることは容易で、スイングの練習には便利ではありますが、ラインも何も無いグリーン上では全く役に立ちませんでした。
    毎回、パットで崩れて、結果を出すことができないので悩み続けてこの4年間にパターも13本買いましたが、パターマットではよくても、いざ本番となるとギリギリにカップをかすめて入らないのでした。

    今回、廊下に敷きつめて、練習を始めましたが、方向を定めるものがなく自分でボールをカップに正しくセットして、正確に構えて振らなければならないので、実戦に近いセットアップを覚えることができそうです。
    それと、実際のグリーンよりは、やや遅い感じではありますが、ボールの転がりの雰囲気は実戦にも通じる感じがします。

    距離感マスターは、目標として適切ですし、二個を相対して設置すれば便利に練習出来るので助かります。
    それと、まっすぐぱっとを使ってみたのですが、まっすぐ引くことは出来ても、まっすぐ出すということが難しく、そのためにショートパットでもミスが出るということがよく判りました。

    これからは、グリーンに囲まれて、ゴルフの臨場感を味わいながら、実戦でも通用する練習を続けていけると喜んでいます。』

    --------
    (工房より)
    BENT-TOUCHのスピードが遅く感じられるとのこと、おそらく現在の冬グリーンで、かなり手入れの行き届いたBENT芝のホームコースをお持ちだと思われます。さて「まっすぐ引くことは出来ても、まっすぐ出すということが難しく」とのお言葉。パットの心理と真理をついた言葉だと思います。そのためにゴルフの書籍には振りのコツや肘の角度や目線やいろいろな言葉がありますが、最も簡単で再現性の高い方法は、「グリーン上でまっすぐぱっとをイメージする」ことなんです。ぜひ試してみてください。

    90cm×3m BENT-TOUCHパターマット