プロゴルフショップのロゴ

パットを楽しみ尽くす。
日本製の高品質パターマット。パットを楽しみ、味わい、そして極めてください。

パターマット工房PROゴルフショップ・オンラインショップへ
|オンラインショップメニュー
SUPER-BENTパターマット のカテゴリ
トーナメントSBのカテゴリ
EXPERTパターマットのカテゴリ
BENT-TOUCHパターマットのカテゴリ

パター部屋特注製作
パット練習用具
パット練習システムEのカテゴリ
パット練習システムBのカテゴリ
限定品&アウトレット
パット練習・まっすぐぱっと。

円形ターゲットカップ
パターマット工房よくある質問




Golf Smileに掲載


Waggleに掲載


Waggleに掲載





『ハーフラウンド15パットの明確なビジョンを持って取り組んでいきます』


0
    廊下にぴったりのパターマット

    静岡県のK様より、パターマットご使用のご感想レポートが届きました。

    『1.購入状況等
    BENT-TOUCH 7m×76cmを購入さてていただきました。
    これはネットで掲載されていない(在庫品)を提供していただいたものです。
    パターマット工房さんに問い合わせますとレスポンスよく返事が頂け、ネットに掲載されていないアウトレット品を紹介してもらい助かりました。
    7mのパターマットは市場では標準品として販売しているshopは無く、細長い我が家の廊下にピッタリはまるマットをお手頃価格で入手することができたのは本当に有難いことです。

    2.使用感想等
    先日1,2度練習してコースに出ましたが、家で練習しているのとコースとでは距離感が全く違うことに驚かされました。
    家では写真の通り壁に囲まれ、照明が暗い為か遠く感じましたが(写真ではそんなに遠く見えませんが肉眼では結構遠く感じます)、コースでは短く感じました。
    それがパットストロークの振幅、強弱に心理的影響を与えているのがよくわかりました。
    (1)自分で歩測した距離感を信じる
    (2)グリーンの傾斜を正しく把握する
    (3)芝目を確認する
    上記3点を注意し正確な距離感をマスターすればロングパットはかなり改善されると思います。
    ショートパットは『まっすぐぱっと』でストローク技術を磨き、1.5M以内を自信を持ってパットできるように練習を繰り返します。

    3.目標
    以上でハーフラウンドで1パット3回2パット6回、トータル15パットを目標とし
    当面は総ストロークでallボギーオン、15パットで42回で回れるよう努力します。
    現在は50がたまに切れ、極く稀に45が切れる程度のレベルですので常時45が切れるレベルに達するよう明確なビジョンを持って取り組んでいきます。』

    ---------
    (工房より)K様のご希望サイズ近い在庫品があり、対応できて良かったです。K様のレポートにあります目標が実に明確で、このようなビジョンを持ってラウンドすると1打1打の値打ちが高まり上達もスピードアップするように思います。ためになるレポートをありがとうございました。